>  > 理想のおっぱいの風俗嬢を発見

理想のおっぱいの風俗嬢を発見

自分の理想のおっぱいを持っている最高のデリヘル嬢と遊ぶことができました。自分は結構こだわりが強いタイプなのですが、乳輪の大きさとか乳首の色とかが完璧な風俗嬢でした。ここまで自分の理想にぴったりの風俗嬢とは出会ったことがなかったので、ブラジャーを取った時に絶叫してしまいました。向こうはかなり驚いていましたが、とにかく楽しむことができました。揉んだり吸ったりさせていただきましたが、嫌な顔もされなかったので、最後の最後までおっぱいを触っていました。風俗嬢の中にはあんまり長く触られると嫌がる女の子もいるのですが、この子はサービス精神旺盛で、そんなことは一切ありませんでした。それが普通だとは思うのですが、最近の女の子たちのレベルは下がっているので、体を触らせてくれるだけでありがたいと思うようになってきました。低いレベルで満足していてもよくないとは思うのですが、それも仕方がないことなのかもしれません。

ずっと風俗嬢になりたかったんだって

借金あるとか、お金が必要だとかで風俗に入る子は知っているけど、風俗嬢になるのが夢だったっていう子は初めてだった。いるんですね。こういう子。なんか近くに暮らしているおねーさんがそういう世界の人で、ものすごく綺麗でお金持ってて、その子は家が貧乏でよくそのおねーさんに可愛がってもらって御馳走になったりお洋服をもらったりしていたらしい。そのうち引っ越してしまったらしいが、あまりにもその風俗おねーさんによくしてもらったのでこういう世界へのあこがれた強くなったそうだ。変わってるよね。いわゆる体を商売にしているわけでしょ。なんか気持ちの上で何もない?って聞いたら、男の人たちにいろいろしてもらって幸せと。どんだけ不幸な暮らししてきたんじゃって思った。ヘルス嬢なわけだけど、ヘルス嬢になってからは生活に困る事もなく、好きなものを買っていいところに暮らして今は幸せすぎるっていってたな。テクニックもすごかったから、練習してたのかもしれない。ひそかに。そっちの方が嫌らしいな。(笑)

[ 2015-03-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ